有名ホワイト企業に入社できたのに後悔している3つの理由

こんにちは。
第一志望の企業に入社できたのに後悔しているいくろめです。

大企業に入社できたら幸せ
就活人気企業に入れたら幸せ
ホワイト企業と言われているところに就職できたら幸せ

そう思っていました。

頑張って就活をした結果、大企業2社から内定をいただくことができました。
入社した企業は就職人気企業TOP100にランクインするような企業です。
よくホワイトと言われています。

ですが今辛いです。
就職活動を後悔しています。

あなたはぜひできるだけ後悔しないような就職・転職活動を行ってください…。

スポンサーリンク

有名ホワイト企業に入社できた

僕はうれしいことに就活人気企業にランクインするような企業に入社することができました。
入社できた理由についてはこちらの記事に書いています。

ガクチカ無しの凡人が入社倍率100倍を突破する方法

 

オープンワーク(旧Vorkers)での評価も高く、企業名を検索してもブラック感がある投稿や記事はありませんでした。

実際、入社してからホワイト企業だなと思うことがいくつもあります。

・残業代をしっかり出す
・残業が少ない
・優しい人が多い
・怒鳴り声を聞くことがない

ホワイト企業であることは間違い無いんですが、かといって全てに納得しているわけではありません。
結構不満な点があります。

その不満な点が結構不満なせいで、入社1年目の新入社員ですが既に辞めたくなっています。
ここでは3つの不満なポイントについてお話しします。

 

入社すぐに後悔してしまった3つの理由

ホワイト企業に入社できたのに、後悔している大きな理由は3つです。

重要なのは3つとも、就活時にしっかりと企業研究していたら事前に知ることができていたということです。
企業に嘘をつかれたわけではありません。
(まあ企業側からしっかりと話すべきだとは思いますが)

 

希望の部署に行けなかった

この会社に入って一番ストレスに感じていることは、仕事に興味がないということです。

希望していた部署がいくつかありますが、配属されたのは希望していない部署。
仕事内容に興味を持つことができません。

日勤で働けなかった

僕は勝手に日勤で働けると思っていました。
介護とか保育の仕事だったら夜勤もあるというのは誰でもわかりますが、僕が就職したのはメーカーです。

興味のある部署は全て本社にあったので、本社の働き方だけ見ていました。
工場勤務の可能性があることはわかっていたのに、本社で働けるという謎の自信があったんですよね。

なので工場の働き方についてよく見ていませんでした。

実際に工場に配属されることが決まってびっくりしました。

夜勤もある
早番もある
遅番もある

日勤なんてものはありませんでした。
9時17時で働くことなんて一切できない職場でした。

悲しくなりました。

今工場勤務をしていますが、生活習慣がグチャクチャになっていて本当にストレスを感じています。
ストレスのせいで毎日ご飯と甘いものをいっぱい食べないとやってられない体になってしまいました。

大学で勉強したことを活かせなかった

僕は大学・大学院で工学の勉強をしていました。
ロボットとか機械を作る学部です。

大学院時代に研究が辛くなってしまい、もうものづくりはしない!と思うようになりました。

就活時は直接専攻とは関係ない職種を中心に受けていましたね。
なので大学で勉強してきたことを生かせなくてもいいと思っていました。
興味のある仕事ができるのであれば。

今は興味がない仕事かつ、大学で勉強したことを生かしていない仕事をしています。

これがめちゃくちゃ辛いです。
なんでこんな仕事しているんだろうって感じです。

興味がなくても、まだ今まで勉強した知識を使う仕事だったら大学に行った意味がありますよね。
僕の今の仕事は重いものを運んで、ちょっと機械を動かすという仕事です。

大学で学んだことは全く活かせていません。
運動部に所属していた高卒の人の方が僕よりも何倍も活躍できるような仕事です。

なんで僕がここで働いているんだろう。
毎日思っています。

 

後悔しない就職をするために

僕がホワイト企業に就職できたのに後悔している理由はこの3つです。

・希望の部署に行けなかった
・日勤で働けなかった
・大学で勉強したことを活かせなかった

他にも細かいことはいっぱいありますが、この3つのせいでとてもストレスを感じています。

皆さんも僕みたいにならないように、しっかり企業研究してください。

 

 

おすすめの記事