【随時更新】2020卒が選ぶ「新社会人が読むべき本」まとめ

新社会人
社会人になったし何か役に立つ本を読みたい!けど、有能な社会人が紹介する本ってどれも難しそうなんだよな~。もっと読みやすい本を知りたいな~

 

僕自身がこう思ったので、普通の2020卒の新社会人の僕が実際に読んで「この本は読みやすいし内容も良かった!みんなに紹介したい!」と思った本を紹介していきます!

スポンサーリンク

身につけたいスキルに関連した本を読むことが重要

まず一つお伝えしたいのは、身につけたいスキルに関連した本を読むことが重要だよ!って言うことです。

僕は大学生の時に自己啓発本やビジネス本にハマっていた時期がありました。いわゆる意識高い系大学生でした...。題名に惹かれた本をいっぱい買って一通り読むとあら不思議、なんかやる気が起きるんですよね。

やる気が出るなら良いじゃんと思うかもしれませんが、次の日には本の内容は忘れ、モチベーションも下がっているという状態になっています。はい、読んだ意味がありません。

こんな感じで「無駄な読書」を繰り返して大量の時間を無駄にしてきたので、みなさんにはぜひその本を本当に読むべきかというのを意識して、本を購入してもらいたいです。

今回紹介する本はどれも読みやすく、本を読んで自分の生活の役に立った本になります。しかし皆さんの役に立つかはわかりません。本の紹介やアマゾンのレビューなどを見てしっかり検討してみてください。(本屋に行ってパラパラ見るのが一番ですが、時間的に大変だったらレビューだけでも良いと思います。)

 

社会人に必要な「考え方についての本」

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング

社会人に必須のスキルと言われがちの「ロジカルシンキング」について、マンガで分かりやすく学べる本になります。マンガなので一瞬で読めます。本を読むのが遅い僕でも確か1、2時間くらいで読み終わりました。

この本の内容で一番役になったところは「A4メモ書き」です。何か問題や疑問、悩みが出てきたらA4の上に1分間でできるだけ書き出すというものです。1分間という短時間で書き出すことで頭が整理できたり、もやもやした気持ちが解消できます。

実際やってみているんですが、本当に簡単だし頭の中が整理されるのでめちゃくちゃおすすめです!特に「今日やることは?」という題目で1分間やることを書き出して、優先順位を決めるのがおすすめです。あーあれやればよかったーと思うことが減りました。

 

マンガでよくわかるエッセンシャル思考


エッセンシャル思考という難しめの内容を、マンガで分かりやすく説明した本になります。エッセンシャル思考というのは「99%の無駄を捨て1%に集中する方法、重要なことだけに力を入れるという思考」のことです。

毎日「あー今日なんにもしてないのに、もう終わっちゃったなー(泣)」と思っている僕にピッタリの本でした。この本を読んでから日々の生活で何が無駄で何が重要なのか、仕事を進める上で何が無駄で何が重要なのかを感情抜きにして考えられるようになってきました。

 

図で考える。シンプルになる。

この本は「モノゴトを理解するために図を描こう」という本です。仕事がうまくいかない理由、A社とB社の関係、仕事の書類を作る手順など、あらゆることを図にすることで理解できるようになります。

実際僕もこの本に書いてあるような方法で図を描くことで悩みや問題を解決しようとしています。最近は「このブログをより良いコンテンツにするためにはどうしたら良いか」ということについて考えてみました。これからその成果が出てくると思います....。

 

やる気を高める「自己啓発本」

まんがでわかる 7つの習慣


この本はめちゃくちゃ有名なので知っている人が多いと思います。7つのことを習慣にすることで人生が変わりますよっていう本です。なんかそれだけ聞くと胡散臭い気もしますが、読んでみると「確かにそういう考えをすることで楽しく生きられそうだな~」と思うことが多いです。

例えば、第3の習慣は「最優先事項を優先する」というもので、この本では緊急ではないが重要なことに使う時間を増やすのが重要だと書かれています。僕はやらなきゃいけない課題に追われてやりたいことができていなかったので、この本を読んでから将来の役に立ちそうなことに時間を使うように生活を変えました。

最近ではExcelの勉強をする時間を増やしたり、ブログを更新する時間を増やしたり、本を読む時間を増やしたりしています。重要ではないけど緊急なことはささっと終えられるように頑張っています。

 

1年目から考えたい「働き方についての本」

転職と副業のかけ算


もしかしたら、「社会人1年目なのにもう転職について考えているのかよ笑」と思われるかも知れませんが、僕のような新入社員にこの本はとてもおすすめだと感じました。

この本では市場価値を高めようといった内容が書かれています。会社に入ると上司に好かれて職位を上げていくことに全力を尽くしそうになりますがが、どの会社でも通用するスキルを身につけることで自分の叶えたいキャリア(年収を上げたい、好きなことを仕事にしたい)を実現していけると書かれています。

著者のmotoさんはブログで年間何億という売上を出している方で、本書でもブログやTwitterについても書かれています。

僕はこの本を読んで、「どの会社でも活躍できるような論理的な思考を身につけたいな」と思って上記に書いてあるような思考についての本を熟読しました。僕は現段階でスキルが全くないので、これから色々身につけていこうと思っています...。

 

転職の思考法


この本も転職についての本です。ただ他の転職本とは違います。何が違うかというと「物語形式」で転職について学べるというところです。物語になっていて会話のパートが多いので楽しくスラスラ読めました。

この本は転職するタイミング・転職先の選び方などについて書いてあります。新入社員でも誰しも一回くらいは「転職するなら...」と考えていると思うのですが、本当に転職するとなったらどうすればいいかわかんないですよね。僕も全くわかりませんでした。

ですがこの本を読めば転職についてざっくり学べるので、ちょっとでも転職を意識している人は読んで後悔しないと思います。何よりも読みやすくて物語が面白いので、小説としてもおすすめです。

 

分かりやすく伝えたい!「プレゼンの本」

ゼロから身について一生使える! プレゼン資料作成見るだけノート


この本は、どうすればわかりやすいスライド、見やすいスライドを作れるかが超分かりやすく書いてある本です。デザインの本はたくさんありますが、パワポしか使わない人はこの本が一番役に立つと思っています。実際本屋に行ってデザインの本をパラパラ見ましたが、パワポ信者の僕にはこの本が一番ビビッときました。

本の名前にも「見るだけノート」と書いてありますが、本当に文字が少なくてペラペラめくって見ていくだけでデザインのコツがわかります。

僕は「(悪いスライドの例を見て)あー、研究プレゼンでこういうスライド作ってたなー」と思ったので、社会人だけではなく理系大学生・院生にもぜひ見てもらいたいです。っていうかパワポ使っている人は一回見てほしいです。

 

まとめ

ここまで新社会人の僕が読んで同世代におすすめしたい本を紹介してきました。たくさんの本を読んできましたが、「手元においておきたいな!読み直したいな!」と思える本はそんなに多くありませんでした。

ただたくさん本を読まないと好きな本に巡り会えないと思うので、これからも読書をして行こうと思います。そして良い本に巡り会えたらまたこの記事に追加していきます!

新社会人の皆さん、おすすめの本がありましたらぜひTwitterで教えてくれると嬉しいです!ここまで見ていただきありがとうございました。

おすすめの記事