上司に「元気か?」って聞かれたら「元気です」って答えるしかないじゃん

毎日毎日、興味のない仕事をしていると元気も無くなってきます。

ただでさえ人と話すとめちゃくちゃ疲れちゃう陰キャなのに。

 

スポンサーリンク

毎日上司に「元気か?」って聞かれた

研修中、仕事の辛さから元気がなくぐったりすることが多い日々を送っていました。

ただ毎日毎日、上司から「元気か?」と聞かれていました。
普通そんなこと聞かれないですよね?
じゃあなんで毎日体調について聞かれていたか。

その理由は僕が弱々しているからです。

中高大学で一度も運動部に入ったことがないと話をしたんですが、その時に「こいつ体力ないな」と思ったそうです。(後日談)

 

この上司ではないですが、「学歴が高い人は体力がない人が多いけど、君は大丈夫?」って聞かれるくらい体力がなさそうな見た目をしています。
(お腹は出ているんですけどね)

この上司にはここまでは言われていませんけどね。
研修中に毎朝会社に行くと「元気か?」と聞かれていました。

これを聞いただけだと嫌味で言われているんじゃないかと思うかもしれませんが、この上司は全く悪い人ではありません。
むしろ新入社員に気を使ってくれるいい上司です。

なのでそんなに嫌な気はしなかったです。

 

答えは一択、「元気です」

いい上司であることは間違いありませんが、何でもかんでも正直に話せるというわけではありません。

なので「元気か?」と聞かれた時の答えは一択。「元気です」

 

元気な時自信満々に答えられますが、仕事を始める時の朝は(嫌で嫌でたまらなくて)体調が悪くなることが多いです。

頭が痛くなることも多いし、体力的にも精神的にも人一倍疲れやすいので朝から疲れ切っていることも結構あります。
(多分
HSPだしね)

嘘をつくのは心が痛いですが、「こんな質問されても正直に答えられるわけないだろ・・・」とも思いながら元気ですと言っています。

そりゃ本音で「今日は頭が痛いです」とか「今日はだるいですー」とか「仕事が嫌すぎて体調が悪くなっちゃうんですよねー」とか言えたらいいですけどね。

 

本音を引き出す聞き方

この上司の方は僕の体調を心配してくれるのでとてもいい方です。
そして心配してくれるのは嬉しいです。

でも聞き方がなーと思います。

 

入社したてのビクビクしている新入社員に「元気か?」って聞いても、大体の人はその時の体調がどうであれ「元気です」としか答えられないですよね?

「できる?」とか「大丈夫?」とかも同類ですね。

この2つも上司から言われることありますけど、正直に答えづらいですもん。
(もし正直に答えられるような新入社員がいたら、その人は今後の社会人生活も難なく乗り越えていけます。おめでとうございます。)

 

「元気か?」じゃなくてもうちょっと本音を引き出せるような質問をして欲しいなーと思っちゃいます。

例えば「新しいことばっかりやると疲れちゃうでしょー」とか「入社したばかりの時はこんなこと分かんないよねー」とか。
こう言われたら正直に気持ちを話せます。

ゆとりすぎる考えだということは分かっていますが、こんな感じで聞いてくれたらなーって思いますね。

 

「傾聴力」を身につけたい

自分は後輩に気を遣って「元気です」と言われるような上司にはなりたくありません。

なのでこれから質問する力も身につけたいですし、うまく人とコミュニケーションを取っていくためにも「傾聴力」を身につけたいです。

あ、傾聴とはこういう意味です。

 

傾聴とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーション技術です。

傾聴の目的は相手を理解すること。
そのため、大事なのは、
●話す姿勢、仕草、表情、声の調子など言葉以外の行動に注意を向け、理解する
●言葉によるメッセージに、耳を傾け、理解する
●言葉の背後にある感情まで受け止め、共感を示す
ことと言われています。

 

なんで傾聴力を身につけたいか。

ちょっと話が飛びますが大学院時代、周りと比べて研究や勉強が出来なさすぎてめちゃくちゃ落ち込んだ時がありました。

その時は大学院を辞めようかというところまで思い詰めていたんですけど、その時に一度学内のカウンセラーの方とお話をしました。
カウンセラーさんはしっかり話を聞いてくれて、いい感じのアドバイスもくれました。

1回の、それも30分くらいの面談で本当に勇気づけられたんですよね。
(涙も出たくらいです。)

なので学生の頃からカウンセラーっていう仕事に興味を持っています。

 

話が長くなるので割愛しますが、こないだ「産業カウンセラー」という資格の説明会に参加しました。

産業カウンセラーとは人の話をしっかり聞く「傾聴力」を身につける資格です。
これの資格を取得すれば本音を引き出せる、人に勇気を与えられる人に近付けるんじゃないかと思って、とりあえず説明会に参加したという感じです。

まだこの資格を勉強していくかどうかは決めていませんが、「傾聴力」を身につけていきたいとは思っています。
将来できるであろう後輩に本音で話してもらえる先輩になりたいです。

 

「元気か?」じゃなくて「疲れちゃうよね〜」と話しかけたい。
そして将来できるであろう後輩に、いい意味で気を遣われない先輩になりたいなと思います。

自分みたいに辛い社会人を減らしたいし、自分のせいで仕事が嫌だと思われたらこんな悲しいことはないから。

おすすめの記事